キャンプのイスに試行錯誤の巻

キャンプでのイス選びは非常に重要。食後にまったりと焚火を囲みながら過ごす時間をどれだけ快適に過ごせるか。座りづらいイスだとこれが少々辛い時間になってしまう。
今まではコールマンのイージーリフトチェアを使っていた。


これの前の型のやつ。リクライニングすると足を乗せる部分が跳ね上がってオットマンになる。これは気に入っていた。背もたれも余裕のある大きさで非常に快適。しかしこれが壊れてしまった。リクライニング機構のオットマンの下の部分のプラスチックが割れてしまった。ムスメがリクライニングさせたまま前につんのめるように倒れたらパキッと。意外ともろい。7500円くらいしたのになぁ。で、新しいイスを買おうとあれこれ物色。やっぱりリクライニングするものが良い。それと、焚火を囲むと考えると、今流行のロースタイルが良いんじゃないか。あとアームレストは必須。そして何より、なるべく安いもの。ムスメの分とふたつ買いたい。という条件で出てきたのがこれ。


これは安い!リクライニングで、アルミでこの値段!不安になるほど安い!まぁ、定価は6000円超えみたいだけど、実売は2600円くらい。さすがキャプテンスタッグ。
安物買いの銭失いになるかなぁと思いつつ、最近のキャプテンスタッグは良くなったからなぁと逡巡。焚火台とダッヂオーブンはかなり気に入って使っている。この値段で提供するとは企業努力を感じる。よし!ということで二つ購入。

まず、軽いです。さすがアルミ。棒状に畳める訳ではないので少々嵩張るけど、まぁ、車でキャンプに行く訳だから問題ない。多少華奢な感じだけど、体重80kg近いボクが座っても不安になるようなことはない。
木のアームレストはいかにも安い感じだなぁと思うけど、機能的になんの問題もなし。リクライニングの仕組みは簡単なもの。ただこれがちょっとスムーズに動かない。
b0332960_09242155.jpg
本来なら座ったままアームレストを持ち上げると、簡単にリクライニングさせられるはずなんだけど、アームレスト下の仕組みの部分の動きが鈍いというか。それと、ギアを挟んでいるプラスチックの部品がうまく噛み合ないことがあって、こうなると一旦立ち上がって、嵌めて、という作業が必要になる。まぁ、でも許せる範囲。力の入れ具合のコツを覚えると、座ったままでも楽にリクライニングさせられるようになった。
そしてしばらく使用。すると…。座面の布が伸びてきました。すっかりお尻の形に。でも破れることはなさそう。しかし困ったのは、座面下の棒がちょうど腿と尻の付け根あたりに当たるわけですよ。
b0332960_09241384.jpg
これは非常に違和感がある。足を投げ出して座っていると、徐々に当たってる部分が痛くなってくる感じ。そこで、丸めた寝袋をオットマンにしてみた。すると、当たっている部分に付加がかからず快適。非常に快適。これで完成という感じ。
で、今、このイスはリビングでこんな感じ。
b0332960_09240546.jpg
布のDVDケースをオットマンにして、頭にクッションをしよう。これがもう快適。これでテレビを見てるといつの間にか寝てしまう。もちろんキャンプにも持っていくけど、リビングで日常的に使っている。そんなワケで、改善の余地はかなりあるけど、値段を考えるとそれ以上の価値はあるとボクは思いますね。座面、背面の布の素材を変えるとか、腿に当たる補強のアルミパイプの位置を下にずらすか形状を変えるか。がんばれ、キャプテンスタッグ!

[PR]
by toto4543 | 2014-07-11 09:28 | キャンプ | Comments(0)