我が家の水槽

昨年の6月の暑い日、ムスメと広瀬川に出かけて、浅い淀みでオタマジャクシとアブラハヤの稚魚を網ですくって遊んでいた。
するとムスメが飼ってみたいというので、それも良いかと帰りに小さな水槽のセットを購入。
オタマジャクシの方はすぐに足が生えて手が生えて、6匹中3匹が無事にカエルになった。この間の飼育が意外と難しい。
手が生えだすとえら呼吸から肺呼吸になるので、深い水槽で飼っていると、なんと溺れてしまうのだ。さらに、餌も動物性を好むようになる。つまり、虫を食べさせなければならない。しかし、小さなカエルが食べるような、本当に小さな羽虫を捕まえるのは困難だ。そこで、別のプラスチック水槽を買って来て、目の洗い網をかぶせて、中に腐りかけの果物を置いて庭に放置。これがばっちり。しっかりカエルにまで育ってくれた。そして3匹は南川ダム近くに放流。

b0332960_08432017.jpg
さて、メダカほどの大きさだったアブラハヤの方はというと、6〜7匹のうち3匹が生き残り、今や体長8〜10cmくらいに。成長の早さにびっくり。昨年の8月に新たに加わったシマドジョウの方はほとんど変わりないように見える。少し大きくなったのかな。
b0332960_08432460.jpg
アブラハヤもシマドジョウも飼うのは簡単。市販の川魚の餌で充分。多少水が汚れても大丈夫だし、水温の変化にも動じない。中流域の魚は丈夫だよね。
ボクとしては、金魚を飼うよりおすすめ。なんとなく、川が身近に感じられる。
で、ここにぜひオイカワくんに参加してほしいんだよなぁ。そうすると水槽はもう少し大きくしなくちゃダメかな。


金魚のお部屋ブラックS GF-BLK
ジェックス
売り上げランキング: 229

[PR]
by toto4543 | 2014-07-22 08:44 | 飼育 | Comments(0)