小鮒釣りしかの川のピンチ

先日、錦ヶ丘方面に用事があったとき、斉勝川をのぞいてみると小魚がたくさん泳いでいる姿が確認できた。早速、ムスメを連れて釣りに。
諏訪神社の先で釣ろうと思っていたが、まず試しにその下の取水堰で竿を出してみると早速アタリが。結構引きが強い。慌てるムスメを手伝って釣り上げてみると、なんとこいつだった。
b0332960_18212808.jpg
ブラックバスですよね?上流にあるサイカチ沼はバス釣りが盛んとは聞いていたけど、まさかここにも…。放流されたのか沼から落ちて来たのか定かではないけど、かなり違和感があることは確か。
さらに竿を出すと小さなアタリが。今度はこれ。
b0332960_18212449.jpg
何かな?ハヤ?ちょっと違う気がする。尾びれの形状からオイカワのメスにも見える。とりあえず水槽にと思ったが、針を外すのをもたもたしていたら、あっけなくご臨終。なんだか申し訳ない…。
そして次にまたかなり強い引きのアタリが。釣り上げてみると今度はこいつ。
b0332960_18362903.jpg
ブルーギル。いやぁ、ここでこんな魚の姿を見るなんて思わなかった。日本の川はどうなっちゃってるのか。
この斉勝川だけじゃないでしょう、多分。あちこちの里の小川がこんな状態なんじゃないだろうか。
それから釣れたのがハヤ(ウグイ)。15センチくらいあるので、さすがに水槽にはちょっと。
b0332960_18214157.jpg
つぎに、これは多分フナ。
b0332960_18220500.jpg
良いサイズ。水槽にぴったり。というわけでご同行願う。
この後にまたブルーギルを数匹釣り上げ、目的のオスのオイカワには出会えない。こういう流れのないところよりも、流れがある方が良いのかなと思い、当初の予定の場所へ移動。
橋の上から川面をのぞくとうようよ泳いでいるのが見える。竿をたらすと早速アタリ。
b0332960_18223443.jpg
ここもかよ。ピンぼけしてるけどブルーギル。
さらにこの後、ブルーギルを数匹釣り上げる。こんな小川で、まさに日本の農村風景というようなところでブルーギル…。
この後、なかなか良いサイズのハヤを釣ったところで納竿。
b0332960_18221012.jpg
こうした川での小魚釣りは、何が釣れるかという楽しみがあって面白いが、半分以上がブルーギルって…。腹が立つやら悲しいやら。
童謡に出てくる「小鮒つりしかの川」はなくなってしまうのか。
いつも源流方面にイワナ釣りにばかり行っているので分からなかったが、こうした里の川の現状はかなり深刻だ。

b0332960_18523663.jpg
ご同行願ったフナは「フナキチ」と名付けられ、とりあえず元気に泳いでいます。


[PR]
by toto4543 | 2014-07-31 18:50 | その他の釣り | Comments(0)