人はいつまで「甘くなくて美味しい」と言い続けるのか?

b0332960_10110832.jpg
ケーキをお土産に買っていったりして、「どう?」なんて聞くと、大概こういう答えが返ってくる。
「うん、このケーキ甘くなくて美味しいね」
あんまり甘くなくて、とか、甘ったるくなくて、とか、まぁ、要は甘さ控えめで美味しいと言うことだ。
確かに昔のケーキは甘かった。自分が子供だったからかもしれないけど、生クリームの味とか、スポンジの味で美味しいと思った記憶はない。とにかく甘かった。
以前、ケーキ職人に聞いたことがある。どうして昔のケーキは甘かったのかと。
昔は砂糖が貴重品だったし、甘い物に飢えていたので、時々食べるケーキくらいは甘さが強調されていたのではないかとのこと。まぁ、はっきりしたことは分からない。
で、いつくらいかなぁ、「甘くなくて美味しい」という言葉を聞くようになったのは。
高度経済成長も終わり、バブル前くらいかな、ちょっと高級な洋菓子店のケーキが甘さ控えめというイメージがある。
「さすが、高級洋菓子店は違うよね」
そんな感じだったと思う。

しかし今は。
甘ったるいケーキを見つける方が難しいよね。
ほどんどが甘さ控えめだ。
ということは、もう既に「甘くなくて美味しい」は褒め言葉として成立していない。
それなら他の部分を褒めなければならないだろう。
「生クリームの味が濃くて美味しい」
とか、
「スポンジがふわふわで美味しい」
とか、いろいろあるはず。
だけど未だにほとんどの人の第一声はこうだ。
「あんまり甘くなく美味しい」
もうほとんどのケーキが甘くないのに。
このままではケーキを褒める言葉が進化していかないのではないか?

まぁ、どうでも良いんですけどね。


[PR]
Commented by ar956 at 2017-06-22 08:42
イヤー師匠! ドウデモヨクワナイ。其処には「貴重品には価値がある。」という短絡な思考が見え隠れしている。ありましたよね、白黒テレビにかけてたカーテンとか、オーディオ・ルームとか(これは大金。)一泊旅行にスーツ姿で行くオトーサンとか。自分の家でも「電話室」と言うのがありました。ダイヤル以前の、ハンドルをぐるぐる回すやつ。入ると叱られました。
Commented by toto4543 at 2017-06-22 20:53
バブルの頃に、外人のミュージシャンのコンサートのチケットが10,000円を超え、それについてどう思うかという街頭インタビューで「価値がある感じがして良い」と言っていた人がいました。価値は自分で決めるんだよ、って思いましたね(笑)
by toto4543 | 2017-03-31 10:22 | ふと思う | Comments(2)