釣れる日、釣れない日

b0332960_10481889.jpg
渓流釣りをしていると、不思議と釣れない日がある。
イワナの泳ぐ姿もなかなか見えないし、なんだか森が静か。
先日、青下川に行った時がそうだった。
春の芽吹き前だったが、水温が極端に低いわけでもなく、過去の経験から言えば充分に釣りになるはずだった。
しかし、ボクが1尾ばらした以外は反応無し。
わずかに2尾泳ぐ姿を目撃した程度。
そのうちの1尾は岩と岩の間の暗く比較的深い場所だった。
つまり、全体的にイワナは深い底の方に隠れていたのだと思う。
表層を狙うテンカラではなく餌釣りなら釣れたかとも考えるが、過去の経験からすると、こういう日は餌釣りでも釣れない。

で、以前からひょっとして、と思っているのが気圧。
これが釣りをした時間の気圧配置。
b0332960_11013857.jpg
宮城県は高気圧。数日前から好天に恵まれていた。
釣りをした17日の午前中は雲はあるが晴れという感じだった。
8時頃から釣りを始め、9時半ころから風が少しずつ出てきた。
西からの低気圧が迫ってきたのだと思う。
b0332960_11014012.jpg
これがその日の夕方。
気象には詳しくないけど、気圧の谷って言うんでしょうか。
この時間辺りから宮城県は雨。それもかなり強めの雨が降ってきた。
b0332960_11014254.jpg
翌日の朝も強い雨が降っていた。
気圧配置は低気圧ですね。

過去にも、なんだか今日は反応がないなぁと思っていたら、その日の夜や翌日には雨になっているケースが結構あったような気がする。
ということは、

気圧が下降線を辿るときは釣れない。

ということかな。
あり得ると思う。
原因は分からないけど、気圧の変化を感じ取った魚が、低気圧に備えて深いところでじっとしている、とかね。
森が静かなのは、魚だけではなく、動物たちも感じ取っているからかもしれない。雨が来るぞ、とかね。
次回の釣行からはこの気圧を気にしてみようと思う。





[PR]
Commented by ar956 at 2017-06-06 13:00
この記事は興味深い。実に。海でもある(ような気がする。)
Commented by toto4543 at 2017-06-07 14:50
牡鹿半島の漁師が、確か北東のこういう風が吹いていくると釣れないと言ってました。こういうというのは、夏でもひやっとする感じの。
Commented by ar956 at 2017-06-07 18:15
あっ、言ってます いってます。確か、こち風!です。 
Commented by toto4543 at 2017-06-08 12:01
東風ですか。なるほど。そういう時もなぜか周囲が静まる感じがします。これは渓流で釣れない時と同じ。
by toto4543 | 2017-04-20 11:10 | 渓流釣り | Comments(4)