奥新川キャンプ場【仙台市青葉区】

※奥新川キャンプ場は残念ですが閉鎖されました。

b0332960_14385192.jpg

仙台駅から仙山線で30分くらいかな、奥新川駅で降りると目の前が「奥新川キャンプ場」。
車で行くなら、48号線から、作並温泉手前で左折して林道に入り、10分くらいダート走る。
これは一昨年の秋に行った時の写真。
入場料一人100円、テント1張り400円(9人以下用)、10人以上用なら1,000円。
仙台市から委託されている民家で申し込みをして利用料を支払う。
テントサイトは大きく三つに分かれていて、全部で20張りはいけるかな。
でも、ボクがここを利用する時はだいたい、この三つの区画に1団体ずつという感じ。
b0332960_14472095.jpg
左側がトイレ、右奥に見えるのが炊事棟。
b0332960_14472320.jpg
トイレは古く、キレイではないけど使えないというほどではない。全て和式。男性の小便用は便器が無いタイプ。壁にダイレクトにというやつですな。まぁ、こんなもんでしょう。
b0332960_14510690.jpg
炊事棟も古いけど、よくあるタイプ。
b0332960_14485896.jpg
ファイヤーサークル。
今はあまり使われていない様だけど、昔は大人数で来てキャンプファイヤーというのもあったのかな。
花火はここでのみOK。
b0332960_14544734.jpg
ゴミ箱が設置されているのが便利。ゴミはここに捨てていけちゃう。良心的。これ、かなり助かりますね。なるべくきれいに使ってほしい。ちゃんとひとつの袋にまとめて。
b0332960_14565888.jpg
ファイヤーサークル辺りからだったかな、下に向かう道を下ると南沢沿いの遊歩道。夏場はここで水遊びするのも楽しいだろうね。
b0332960_14590005.jpg
水遊びといえば、車で少し戻ると北沢と南沢の出会い。
この辺りで水遊びをしている家族連れも多い。

ボクは結構好きなキャンプ場です。
なぜなら比較的すいているから。ゴミも捨てられるし、それなりにキレイにされている。
山奥感はあるし川で遊べる。
ただ、難点があるとすればコレでしょうね。
b0332960_15033942.jpg
電車が走っている。駅前だから当たり前。
この写真だと分かりづらいけど、中央辺りに見える銀色の物体が電車ですね。
最終電車は23時前くらい。それまでも1時間に1〜2本くらい走ってくる。気になる人は嫌かもね。
実はそれだけではなく、深夜に保線業務が入る事がある。
ボクが行った時は深夜1時頃だったかな。うるさいという程ではないけど、気になって目が覚めてしまった。
まぁ、その点を差し引いても人でいっぱいのキャンプ場よりは良いです、ボクにはね。
鉄ちゃんなら嬉しいキャンプ場かもね。逆に深夜の保線業務見学を目当てに。でも、鉄ちゃんはキャンプしなさそうだなぁ。













[PR]
by toto4543 | 2017-04-24 15:10 | キャンプ | Comments(0)