新緑の渓流【神掛川・宮城県】

船形山から流れる大倉川の支流横川。そのまた支流が神掛川(かんかけがわ)。
大倉ダムを超え、定義山の手前の横川林道へ。
車両通行止めでゲートが閉まっているので林道を歩く。
15分ほど歩いたところで横川に下り、沢を5分ほど登れば神掛川の出会いに着く。
そこから20分ほど釣り上がると2段の滝に出るので、それを高巻いてさらに上流を目指すのがいつもの行程だけど、この日は中学1年の娘が同行。しかも渓流釣り初体験。
なので、滝を高巻くのは厳しいなぁということで、林道をさらに歩いて滝の上から入ることにした。

横川林道をゲートから30分前後歩くと分かれ道に出る。右に行くと横川沿いの道、左に行くと横川を渡って神掛川沿いの道。
10分程度歩くと沢へ下る廃道があるのでその道を使って入渓。
b0332960_13202392.jpg
新緑がまぶしい。
この時期の渓流は本当に美しい。
連日の雨でも多少水量が多いかな、という程度。
ここは小さな沢で、もう少し季節が進むと枝が張り出し、葉が生い茂り、竿が振りづらくなる。
夏場は水量も減るので、入るならこの時期。
竿を出し、ポイントを探っていくと、15分くらいしてから反応あり。が、これは残念ながらばらしてしまった。イワナが毛鉤に食いつくのが見えたので、ちょっと合わせが早かったか、弱かったか。
しかしここから反応が良くなり、ほどなく22cm。
b0332960_13201782.jpg
この後、娘に交代。初めてのテンカラ。
b0332960_13202886.jpg
なんとかかんとか竿を振り、ラインを飛ばす。
レベルラインなのでどうかと思ったが、意外と早くそれなりにではあるが飛ばせるようになった。
するといつの間にか掛かっていたという感じで小さなイワナが。
しかしこれはバラしてしまった。
その後、ボクが24cmを上げ、娘に交代すると、遂に最初の一尾が。
b0332960_13221194.jpg
18cmと小さくはあるけど、記念すべきイワナ。
その後、少し上ったところで滝。
b0332960_13204071.jpg
以前来た時より立派な滝になっている気がする。
沢通しに上れた気がするが、今は高巻いた方が良さそうだ。
しかしこの時点で釣り始めてから2時間。
まぁ、一人なら1時間程度の距離だけど、陽が傾いてきたので納竿。
この先、さらに2時間くらい釣り上ると大きめの滝に出る。
もし、横川の出会いから釣り上るなら、だいたい3〜4時間の沢かな。
b0332960_13203276.jpg
帰り道は釣った数プラスαでゴミ拾い。空き缶を5つ。
それにしてもここは残念ながらゴミが多い。
多くが古い物で、林道が一般車も走れた頃からあるのだろうと思うけど、中には新しい物もある。
林道から谷側を覗くと、電子レンジやテレビなど、粗大ゴミも捨てられていたりする。
こういうのを見ると、林道を封鎖するのもありだと思うね。









[PR]
by toto4543 | 2017-05-18 13:45 | 渓流釣り | Comments(0)