釣れない時は調査【秋山沢・白石川水系横川】

2日くらい続いた雨がやんだ翌日、娘を連れて釣りに行く事にした。
簡単な弁当を作って、6時半に出発。
仙台市内は濃い青空。しかし、向かう奥羽山脈の上には薄暗い雲。
確かに天気予報では県の東は晴れ、西は時々雨という予報。
上空には低気圧。ゆっくりと西から東に動いている。
とりあえず、予定していた秋山沢を目指してみる。

遠刈田温泉からえぼしスキー場に向かう道に入る。
別荘地を過ぎた辺りから神嶺林道に入った。
b0332960_19084420.jpg
この道が予想以上に悪路。
所々で伐採作業をやっていて、そのトラックやブルドーザーが走る為か。
新しい砂利が敷いてある箇所が所どころにあるが、それが逆に轍を深くして、乗用車の下回りをこするこする。
なんとかかんとか、烏帽子岳の秋山沢ルートへの分かれ道に出るが、そちらは明らかにぬかるんでいる。
地図を見ると、これを行けば、連続する堰堤エリアの上に降りられそうなのだが、あきらめてまっすぐ進む。
秋山沢に出ると、橋はなく、堰堤の上の流れに突入するスタイル。
水深が浅いので問題ないだろうと進んでみると、所々コンクリートの舗装が途切れる部分があり、そこで一瞬スタックしそうになって冷や汗が出る。
やはりこの林道に乗用車で来るのは止めた方が良い。
渡ったところで車を降りて堰堤を見上げると、何段も連なる堰堤が急に高度を稼いでいる。
ここから入って上がっていくのは骨が折れる。
そのまま進んで、坂を上り、林道と沢が分かれるところで堰堤に続く廃道を発見。そこから入ることにした。
地図を見ると、上から三つ目の堰堤に出そうだと思ったらその通りだった。
b0332960_19084862.jpg
高さがない堰堤で、脇をちょっと藪こぎして上に出た。
大岩がごろごろ転がり、水は非常に綺麗。先に堰堤が二つ見える。
とりあえず、竿を出してみる事にした。
b0332960_19085823.jpg
しかし、寒い。晴れ間がのぞいているが気温13℃。水温は9.5℃。さらに風が強い。これが一番の問題。
テンカラは風邪に弱い。今日は難しいなぁ。既にあきらめムード。
それでも娘にイワナが居着いそうな場所を教え、竿の振り方を改めて教える。
今日はキャスティングの練習の日だな。
イワナが居そうな場所はいくつもあったが全く反応無し。
30分ほどで次の堰堤。
高さがあるが、向かって左を上って越えられそうだ。
しかし、ここで頑張っても釣れる可能性が低いので納竿。
来た道を戻る途中、分かりづらいが分かれ道を発見。
b0332960_19090068.jpg
右がボクたちが進んだ道。左が分かれ道。
恐らく、二番目の堰堤の上か、一番上の堰堤に続いているはず。
ここは次回、一人か、慣れている人と同行で探ってみようか。
しかし、乗用車では無理だなぁ。

車に戻り、林道をさらに進む。地図にある沢がどうなっているのかを確かめたかった。
ひとつ目の沢は小さく、釣りをするという大きさではなかった。
二つ目の沢は小さくはあるが水量もあり、充分釣りになりそうだった。
b0332960_19090603.jpg
竿を出してみるかと娘に言ってみたが、見るからに段差のある山岳渓流なので怖いとのこと。
それじゃ、別の沢を見てみるかと車を走らせる。
二番目の沢を過ぎて5分ほどで白石スキー場に到着。
ここは冬によくスキーをしにくる。
そのまま山を降り、七ヶ宿方面へ向かう。途中で林道に入り、横川に向かう。

ボクは広瀬川水系の横川に良く入るが、この横川は白石川水系。ここも人気河川だと聞いていたので、一度見てみたかった。
林道はそれなりに荒れてはいるが、乗用車では厳しいという程ではない。
しかしなかなか横川に出会わない。
いくつも枝沢を越える。
どこか釣りが出来そうなところはないかと思ったが、残念ながらどこも無理そうだった。
b0332960_19092011.jpg
一番大きくてこの程度。
2〜30分走ってやっと横川本流を渡る橋に出た。
そこからはあちこちに車。途中、山菜採りをしている人も居たが、どう見ても釣り。
さらに進み、また橋に出る。ここにも車。さらに進む。
次の橋には車がなかった。時刻は11時半。とりあえず車内で弁当を食べてから入渓。
b0332960_19090974.jpg
雰囲気も沢の規模も広瀬川水系の横川に似ている。ポイントを探るがアタリはない。
ボクはあまり竿を降らず、娘の練習に終始する。
風は相変わらず強い。時々弱くなった隙を狙って竿を降る。
30分ほどで大きめの渕に出る。
b0332960_19091497.jpg
こういうところは瀬尻やカケアガリに居着いている、と説明していると、その通り。カケアガリで泳ぐイワナを発見。
しかし、全く食い気がない。漂うように浮いたり潜ったりしている。
ボクが毛鉤を落としてみるが、前、横、後ろ、どこに落としても全く反応がない。
そのうち、逃げるでもなく、ゆっくりと深みに消えていった。
水温を測っていなかったが、明らかに秋山沢より冷たい。ということは8〜9℃くらいか。
春先を考えると、イワナが動かない水温、という事はないが、季節が進み、順調に上がっていた気温や水温が急激に下がると活性が鈍るのか。
ここ数日の低気圧がもたらした冷たい雨が原因なのだろうと推測する。
ということは、この先期待も出来ないし、とにかく寒い。なので納竿。
釣れなかったが、ちょっとだけゴミ拾い。
b0332960_19091703.jpg
この沢でミニストップのWてりやきバーガーを食べた人、持って帰ろうね。

帰りは小原温泉で体を温めて帰ることにした。
露天風呂から白石川を眺めていると、大きな渕からゆっくりと黒物体が浮き上がってくる。
大ヤマメか!と思ったらカワウ。
何度も潜っては浮かび、結局獲物が見つからないまま下流に飛んでいった。



[PR]
by toto4543 | 2017-06-04 19:14 | 渓流釣り | Comments(0)