十人十色の渓流釣り

今まで何人かと釣行しました。
釣り方もいろいろ。ルアーにフライ、餌釣りは自分もやってた。
ボクが感じるのは、一番有利なのはルアーのような気がしますね。
遠くから狙えるし、ルアーが飛んでいくスペースがあれば、狭いところでも釣りが出来る。
風にも強い。
それと、どうも大物が出やすい気がする。まぁ、大物が魚の形をしたルアーを追うんでしょう。
次にフライでしょうね。
レンジが広い。本流で遠くも狙えるし、山岳渓流でも遠くから狙えるのは有利。
次が餌釣りかな。素人でも状況が良ければ釣れちゃう。特にイワナは。
とりあえず釣るには、それほど技術は必要ない。
解禁当初がまた釣れるんだよね。昔はカンジキ履いて雪道を歩いて入渓してました。
で、テンカラ。
ボクの場合、3.2mの竿に同じ長さのレベルライン、矢引のハリス。
だいたい、7mくらいまでしか届かない。不便。
ルアーやフライに比べて手返しが良く、テンポ良く釣り上がれるのが利点だけど、
レンジが決まっているのはやはり不利。
でも、だから面白いんですよね。
ボクの場合、竿を振ってポイントを狙いながら、目の端で次のポイントを定め、どこに立って竿を振るか考えている。
他の釣りもそうだとは思うけど、テンカラはよりシビアなんじゃないかと思う。
近寄って竿を振るという事は、気づかれないように近づかなければならないから、歩き方もシビアになる。
なるべく水に入らないで歩く。
次はどこを通ってどこに立ってあのポイントを狙うか。
さらに先のポイントは右岸から攻めるからその手前のあそこで沢を渡ろう、とか。
竿を振りながら、歩きながら、ストーリーを組み立てる訳ですね。
それが面白い。
そのストーリーがうまくいった時の充実感。
なんか日本人的ですよね。
道具を便利な方に進化させるのではなく、研ぎすまし、不利な部分はあらゆる技術でカバーする。
そんな感覚がたまらない。
みんなそれぞれの性格にあった釣りなんだろうな。
そう言えば誰かが、テンカラも十人十色の釣り方がある、だからテンカラ、10colorと言っていた。
英語かよ。
b0332960_17373505.jpg

[PR]
by toto4543 | 2017-06-05 17:38 | 渓流釣り | Comments(0)