誘惑のロープ【宮城県 大倉川支流・矢尽沢】

いろいろ忙しくて釣行できてなかった。
本日の仙台は気温30度超えたかな?
仕事も少し余裕ができたのでちょっくら沢に涼みに。

先日、定義林道を走って湯川に入った。
荒れて入るけど、ゆっくり走ればなんとかなる。
それじゃ、その先に行ってみようかな、と定義林道へ。

ひと雨あったので先日より路面が荒れていた。
それでも20分くらいで横川林道の分かれ道。
少し行くと登山道を横切り、矢尽沢を渡る橋に出る。
が、その前にこんな場所が。
b0332960_23043582.jpg
さすがに悩む。
しかし、ここまでかなり荒れた道で、方向転換できる場所まで随分戻らなければならない。
無事に戻れそうにもない。ここを走って崩れたらどうするか…。
車を降りてしばし考える。
しかし今日は快晴。
帰りに崩れている事はないだろうと前進。
ちなみにこれは帰りの写真。
行きも帰りもドキドキ。
でも、やっぱりこういう場所は行くべきではないね。
もし何かあったら迷惑をかけてしまう。反省。

登山道を横切ってから約3.5kmで矢尽沢の橋に出た。
しかしその先はもうとても進めそうにない。
ジムニーでも厳しそうだ。
地図だと、ここから5kmくらい行くと支流があって、それを伝って大倉川本流に出られそうだった。
さすがにそこまで林道が無事だとは思っていなかったけど、残り2km地点くらいまで行ければ歩いても良いかと思っていたけど、さすがにここからはキツいな。時間的に。

という事で矢尽沢に入渓。
この沢は十里平から歩いて、大倉川の出合いから釣り上った事がある。
2〜3時間で滝があり、そこを越えてさらに1〜2時間でまた滝。
10mくらいかな?さすがに登れないし、巻くのも大変そうなので納竿した。
魚影はまずまず、サイズは22cm前後がアベレージ。
この橋から下ると堰堤が二つ。そこでも釣った事がある。10年くらい前かな。
今回は初めて橋から上に行く。

b0332960_23152235.jpg
気温23度、水温15度。渇水気味。
写真では分かりづらいけど、入渓してすぐに二又。
正面が右又で左からの流れが左又。これは左又へ。
そしてこの場所ですぐに1尾。
b0332960_23180318.jpg
21cmくらい。サイズは小さいが幸先は良い。
b0332960_23190536.jpg
いきなり両岸が切り立っている。
釣り進んでいくと、パシャッと出るが毛鉤を咥えていない、というのが2回。
毛鉤をエルクヘアカディスからいつもの毛鉤に変えてみる。
b0332960_23213113.jpg
小さい沢ながらもこうした落ち込みが出てくる。
しかしすぐに滝。
b0332960_23223656.jpg
6mくらいかな。こりゃ引き返すしかないか?
と思いながら小さな釜を探る。
b0332960_23234958.jpg
20cmくらいかな。
さて、もう出ないだろうな、と滝を見上げると…。
b0332960_23254474.jpg
ロープ発見。
どうするかなー、疲れそうだなー。と思いながら結局登っていた。
帰ってきてから沢屋さんのブログを見たら、その人たちはこのロープを使わず、
向かって右側を直登してた。さすがだ〜。
b0332960_23275341.jpg
滝の上は少し開けた場所だったがすぐにこんな感じで狭まってくる。
この辺りで小さなイワナを釣ったが、抜くとその勢いで飛んでいった。
15cmくらいだったかな。
b0332960_23293047.jpg
そしてすぐにまた滝。
分かりづらいけど、見えているのが5mくらいで、さらに左に4mと2段になっている。
この下でアタリがあるもバラしてしまった。
本日最大のイワナ。といってもせいぜい24cmくらいかな。
ちゃんと掛かっていなかった。
この前のチビイワナで気がつくべきだったけど、毛鉤の先が鈍くなっていた。
針先は気にしてなくちゃダメだね。

で、滝を登ってみる。
b0332960_23330578.jpg
こんな感じなので、一段目は余裕で登れる。
b0332960_23334080.jpg
二段目がこれ。
頑張れば登れるかなー、と思ったけど、この先に行ってもまた滝が続きそうなので納竿。
帰ってから調べた沢屋さんのブログに因ると正解。
イワナも小さいし、もうこの先は沢屋さんの領域。

戻って右又を進み、すぐの堰堤で竿を出してみる。
b0332960_23362657.jpg
左奥から魚信。
b0332960_23371360.jpg
ありゃ、痩せた幽霊イワナだ。久しぶりに釣ったな、と思って良く見ると…。
b0332960_23375301.jpg
奇形なのか、ケガの跡なのか顎にコブがある。このせいで補食が難しいのか。
そして右奥からも。
b0332960_23392180.jpg
20cmくらい。
顔つきとお腹の膨らみを見るとメスっぽい。
結局、今日は全てリリースサイズ。

橋の下流はすぐに堰堤だし、そこから右又は堰堤、左又は滝までの区間で細々と代を重ねているイワナたち。
ここはそっとしておいてあげた方が良さそうだね。
b0332960_23421026.jpg
水はメチャメチャ綺麗だった。
子連れで水遊びも良いかな、と思うけど、林道でここまで来るのはキツいね。











[PR]
Commented by ar956 at 2017-07-09 16:59 x
無理しないでね!
Commented by toto4543 at 2017-07-10 10:15
ですねー。どうしてもこの先が見てみたいと思ってしまうんですよね。反省。
by toto4543 | 2017-07-07 23:43 | 渓流釣り | Comments(2)