行く手を阻む通行止め【山形県 銅山川支流赤松川、角川支流三ツ沢川】

久しぶりの山形。
ひとつの沢にじっくり入るか、いくつかの沢を覗いてみるか。
今回は後者に決定。
まずは大蔵村の赤松川周辺を見てみたい。
b0332960_08510230.png
銅山川との出合いから、田んぼが広がる川沿いの道を走ってみる。
水は濁っている。綺麗なら竿を出してみようと思ったが、そのまま進む。
滝ノ沢大橋の上へ向かう。この時点でも沢の水は濁っている。
この上にいくつもある堰堤が原因か。
沢の上流へ向かう林道はしっかりしている。
沢から田んぼ用の用水路が続いている。
地図の右側の赤丸の地点に到着。車止めには大きな駐車場。先行者無し。
b0332960_08551235.jpg
沢へ降りていく車両通行止めの林道からの眺め。
大きな堰堤の向こうに小さな古い堰堤。
その小さな古い堰堤の上に到着。
b0332960_08564482.jpg
ここまで来ると水は綺麗だった。
ポイントも多く、期待が出来る。
先行者はいないが、足跡は多数。フエルト底なので釣り人がたくさん入るのだろう。
早速竿を出してみるが反応はない。
泳ぐ姿も走る姿も見当たらない。
b0332960_08580202.jpg
釣り始めてすぐに崖崩れの上を越える。
粘土質の山の様で、岩に見えるがかなりもろく、赤土の塊という感じ。
b0332960_08595755.jpg
崖崩れ跡を越えても、やはり右岸がずっと崩れている。
うかつに足を乗せると割れて崩れたりする。
相変わらず魚信はない。
地図によるとこの先に自然に出来たらしき池がある。そこを越えれば良いのかもしれないが、この反応で、遡行にも労力がいるので引き返す事にした。
まだ見たい沢がある。

次に向かったのは隣の横道沢川。左の赤丸の地点から入りたい。
大橋を渡り、沢の上流へ向かっていると、見事な棚田が広がっていた。
b0332960_09050585.jpg
しばし車を止めて眺めて再出発。
舗装路がダートに変わったところで、
b0332960_09093786.jpg
通行止め。残念。
できれば横道沢川とさらに先の赤松川上流を見てみたかった。
仕方ないので次の予定へ。
肘折温泉への道を走っていくと古水川(上の地図の左上にちょっと見える沢)を渡る。
橋の下で合流する枝沢には雪渓が残っていた。
b0332960_09124895.jpg
さすが県内有数の豪雪地帯。
古水川はこんな感じ。
b0332960_09130099.jpg
水は綺麗なのだがひたすら砂。しかも工事中らしい。
沢の脇には道が続いている。ということは、この上に釣りに入る人がいるのか?
見てみたくなり、急遽降りてみる。
道の脇には用水路。この為の道か。
この辺りは棚田で分かるように山間部に住居や田んぼが点在している。
そのため、あちこちの沢から水を引いているのだろう。
先達の苦労が垣間見える。
b0332960_09174032.jpg
沢は小さく、水は綺麗なのだが、底が砂。ひたすら砂。魚もいない。
10分ほど歩いて二段の堰堤にたどり着いた。
この先も期待できそうにないので引き返す。

次の目的地は祓川。
b0332960_09221468.png
国道458号線は肘折温泉と西川町を結ぶ国道だが途中はダート。
祓川には20年くらい前に入ったきりだ。
この地図のさらに上流の橋付近から入って良型を何尾か上げた。
入渓も楽なので今はどうなっているのか見たかった。


b0332960_09245846.jpg
ここも通行止め。国道なのに…。
しばし考えるが、地図を見ると沢へ向かうらしき点線が見える。
もしかしたらここから下流部に入れるのかも。
ということで歩く事12分。
b0332960_09263348.jpg
道発見。早速降りていくと、「民地につき立ち入り禁止」の看板。おとなしく引き返す。
さらに上流に向かおうと思ったが、沢と道の落差がなくなる地点まで2時間はかかりそうなのであきらめる。
この時点で13時近くになっていた。
本当はこの沢で釣って帰る予定だった。
さて、どうするか。
それなら知っている沢に入るか。
新庄の町を抜けて土内川に行こうかとも考えたが、時間的な事を考えてここから近い角川支流の三ツ沢川に向かった。

三ツ沢川の林道に入って約6km行くと分かれ道。ここを右に降りていくと三ツ沢川を渡る。
橋が新しくなっていた。
水は相変わらず白い濁りがある。
時間もないのでこのエリアはパスして、さらに先の堰堤の上から入ることにする。
林道がどんどん荒れてくる。
また分かれ道が出てくる。ここは左に登っていく。
葉が張り出していて、あまり車が走った様子もない。
5分ほどで駐車スペースを見つけるが、まだ沢との落差があるのでさらに進む。
林道はかなり荒れているが、下回りをぶつけながらなんとか坂を下り、堰堤の上に到着。
ここは駐車スペースに止めるのが無難だったかも。
b0332960_09362507.jpg
時刻は14:30。16:30までと決めて入渓。
この写真の左側に薮になっているが降りていく道がある。

b0332960_09383131.jpg
水量はやや多く、濁りもある。
普段、この辺りに来ると澄んでいるはずだが。
数日前に降った雨が思ったより多かったのか。

沢は以前来た時より小石で埋まっていて、ひたすら瀬が続く。
ちょっとした岩の裏や流れの脇を探るが反応がない。
しかし釣り始めてから10分後、ようやく一尾目が。
b0332960_09401394.jpg
まずまずの23cm。
b0332960_09424061.jpg
今度はここから
b0332960_09425274.jpg
21cm。
さらに行くと反応はあるが、その反応がやや遅く鈍い。
いつもならポトッと落ちた毛鉤に反射的に飛びつくが、毛鉤を上げようとしたところに食いついたり、アタリが来たのに気づかず、上げようとしたら食っていてバラしたり。
イワナの動きが見えると、流れる毛鉤を見て「なんだ?」というように上がってきて、ゆっくり咥えたり、見切って潜っていったりしているのが分かった。
なるほど、やはり増水していて、流れが緩く深いところでじっとしているのかも。
しかし、食い気がない訳ではない。まだ目が覚めていないような感じ。
そうなると、本日の傾向と対策が分かる。
毛鉤を見えやすいエルクヘアカディスに変えて、流す時間もやや長めにしてみる。
瀬が続く沢なので、深い場所というのは限られている。
そういう所だけ探っていく。
b0332960_09562905.jpg
b0332960_09510922.jpg
b0332960_09512591.jpg
b0332960_09511564.jpg
みんなゆらっと出てきてゆっくり食いつき、潜っていくので、そのタイミングで合せた。
サイズはみな24cm前後。この沢ならもう少し大きいのが出てほしいが、これくらいだと手応えも面白い。
そして最後に
b0332960_09513708.jpg
約10cmのチビイワナも大きな毛鉤に果敢に食いついてきた。
これはもちろんリリースだが、24cm前後で5尾釣ったので、予定の時間より15分早く納竿。
b0332960_09552643.jpg
途中の澄んだ枝沢で顔を洗う。冷たくて気持ち良い。

無事に沢から降りてきて帰路へ。
47号線を途中で曲がり、大石田に抜ける道を走っていると、清水城跡の看板を発見。
ここは確か、ずっと前にちょっと来た事があるような、と思って行ってみる。
b0332960_09595364.jpg
やはり来た事がある。
外堀跡と、内堀跡の間に田んぼがあるのは珍しいかも。おじいさんが用水路の調整中。
b0332960_10000287.jpg
本丸跡からの長め。眼下に最上川。素晴らしいけど、あまり人が立ち寄っている様子はない。
b0332960_10020955.jpg
立派な東屋でちょっと休憩。風が気持ちよい。
その後は、大石田のあったまりらんどで入浴。
b0332960_10015556.jpg
尾花沢のくるまやラーメンで、子供の頃に好きだったカレーラーメン。
b0332960_10032611.jpg
いやー、すっかり遊んだなーという一日だった。






















[PR]
Commented by ar956 at 2017-07-10 12:55 x
師匠お疲れ様! 長時間の釣行&レポートご苦労様。
Commented by toto4543 at 2017-07-11 08:24
> ar956さん
久しぶりにじっくり遊んだなーという感じでした。
by toto4543 | 2017-07-10 10:05 | 渓流釣り | Comments(2)