相撲はどこへ行く

昨日の大相撲名古屋場所五日目の結びの一番。
白鵬に嘉風。
嘉風はここまで横綱日馬富士、大関豪栄道、関脇玉鷲を含む4連勝。
白鵬も当たり前のように4連勝。
楽しみでした。
嘉風はこれまで白鵬に一度しか勝っていないとはいえ、今場所は非常に好調。持ち前の機動力を生かした相撲が光る。
白鵬にとっても今場所はちょっとうるさい相手なんじゃないだろうか。
そして立ち会い。
がつんと当たった両者。当たり勝ったのは白鵬かな、と思うや否や、体を横にかわして目標を見失った嘉風を送り出し。

いやいやいや。

館内もややざわめく。
みんなこんな相撲を期待していたのではない。
白鵬が嘉風の動きをどう受け止めるか、やはり左上手を取って万全の体制で押すか投げるか。
嘉風はどうやってそれをさせずに勝機を見いだすか。
それがあっけなく送り出し。

解説に初めて座った朝赤龍が、白鵬は「よく相手を研究している」と言っていた。
研究するのは良い。
しかし、研究した相手の形をがっちり受け止めるのが横綱の務めなんじゃないのか。
昔、千代の富士が小錦に3発くらいの突きではねとばされて負けた事がある。
小錦はあの体重だったから、真正面から当たれば強かったが、横に回られると舞の海にも簡単に負けた。
でも千代の富士はそれをしない。それは横綱の相撲じゃない。
そして確か次の対戦で真正面から捉まえて小錦を破った。
その千代の富士は貴花田を真正面から受け止め、寄り切られて負けた。
その後、貴闘力にも負けて引退を決意。
有名な「体力の限界」のあのインタビュー。
もちろん自身の衰えもあっただろうが、若手の台頭に「安心して」引退したのだと思う。

相撲はスポーツじゃないとボクは思う。
日本人が培ってきた心を映し出すからこそ、みな熱狂する。
横綱はそこまで磨き抜いた自身の形で受け止めなければならない。
それで勝てなくなったら道を後発に譲る。
白鵬の形はなんだろう?左上手をとって押す、投げる、か。
しかしそれが張り差しで取った上手だったりするから興ざめだ。
そして相手を研究していろいろな相撲で勝つ。
それが白鵬の形だと言ってしまえばそれまでだけど、それは求められていないんじゃないのか。
横綱がやるからなのか、最近は張り差しをする力士が増えてきた。
なんとなく、相撲がおかしくなってきたと思うのはボクだけじゃないはず。



[PR]
Commented by ar956 at 2017-07-14 10:15 x
いやいや相撲だけじゃありません! 昔いましたよね 米国中西部に無敗のプロレスラー(名前失念)やたら受け身だけ上手くて、チャンピオン歴を重ねた……見てて全然つまんない試合。白ちゃんソックリ! ここまできてもまだ名前出てこない、所詮その程度のチャンピオンてした。
Commented by toto4543 at 2017-07-14 19:45
プロレスはまったく分からないんですよね〜(笑)ボクシングは好きなのですが。
柔道もそうですが、日本人は試合の勝ちより「勝負」にこだわりますよね。
Commented by bukkin at 2017-07-15 07:54
おはようございます。全く同感でございます。
最近は腹が立ってきました。嘉風との勝負には唖然としました。あれが横綱の相撲とは!情けないです。
Commented by toto4543 at 2017-07-16 09:20
昨日の勢いとの一番もひどかったですね。横に動いて楽に勝って笑ってるって、ちょっと考えられないです。力士は横綱相手に自分の力を試しにいっているという気持ちもあるはずですからね。それをあれじゃ…。
Commented by ar956 at 2017-07-19 21:21 x
コトカゼさんいわく 省エネ相撲!!
Commented by toto4543 at 2017-07-20 11:28
> ar956さん
やっぱり下位の挑戦をがっちり受け止めて欲しいですよね〜。
by toto4543 | 2017-07-14 10:00 | ふと思う | Comments(6)