夏至の蛍

b0332960_12325667.jpg
泉ヶ岳の麓の集落。
ここに蛍を見に来るようになってから20年近くなると思う。
初めて来た時には、用水路を覆う木がクリスマスツリーのようになっていた。
それから年々減っているような気がする。

夏至の21日、急に気温が上がった。仙台でも最高気温27度。
湿度はかなり高くもわっとした空気。
気温が上がりきっていない気がするけど出そうだな、ということでいつものこの集落へ。
夕暮れ時に到着してしばらく待っていると、19:55に最初の一匹。
蛍は計ったように20時頃から飛び始める。
そしてだいたい21時頃にはポツリポツリという状態になる。
ここの蛍はヘイケボタル。だからゲンジボタルより小さい。
派手さはないが風情のある飛び方。
今は「蛍の里」とかなんとか名前をつけて育てている場所もあるけど、ここは完全に天然もの。
ボクがこの近くに住んでいたら、イスを出して来てビール片手にのんびり楽しむけど、集落の方とハチ合せたことはない。

ちなみに、ここの用水路は護岸がされていない。いまや珍しくなった。
底砂や石があって、草も生えていて、自然の小川のように流れている。
すぐ上の沢から引いて来た水で非常に綺麗だ。
だからカワニナが生息していて、それを餌とする蛍も代を重ねることができる。

話はそれるけど、用水路の護岸。本当に今は護岸されていない用水路を見つける方が難しい。
ボクの母方の実家がある山形県の尾花沢市でもそうだ。
昔は夏休みに遊びに行くと、カエルやアカハライモリ、ゲンゴロウ、ミズカマキリ、いろいろな生き物を捕って遊んだ。
今は本当に護岸されていない用水路がなかなか見当たらない。
本当にコンクリートで固めることが必要なのかと思うが、恐らく必要ない。
お金をコンクリートに流す為でしょうね。
そのお金は自治体の税金と、その用水路を使用する農家が徴収される。
この仕組み、沢の堰堤やダムもそう。
それが指摘されて随分経つけど、今でも変わらない。
なんでだろうな。


[PR]
Commented at 2018-06-25 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toto4543 at 2018-06-26 14:11
>鍵コメさん
土曜だったらご一緒したかったですね。ボクは土曜日に教えて頂いたダムの上に行ってみようかと思っています。念のため、短めで良いのでロープを持参すると良いと思います。お互い気をつけて行きましょう。
Commented at 2018-06-26 17:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mt1500funagata at 2018-06-26 21:31
大和町チバです。
泉ケ岳の麓、護岸工事されていない用水路、集落の人と会ったことがない、この3点をヒントにすると、あそこしかない!ってことで、むかごでお好み焼き食べて、先程行ってみました。ホタルけっこう飛んでました。
仙台市内では貴重な田舎の原風景が残る集落ですね。

コンクリートで固められた用水路は、足掛かりがないので動物も落ちたら上がれないのですね。生物多様性を無視した土地改良は、いつかヒトも落ちて上がれなくなる・・・そんな時がくるような気がしてなりません。
Commented by toto4543 at 2018-06-27 16:06
>チバさん
さすがですね、あの辺りは庭ですもんね(笑)
昨日も良かったでしょうね。今週は良いような感じがします。
ちなみに、かっぱの湯周辺も結構飛んでますよ。先週の金曜はコンディションがイマイチだったのでちらほらでしたが、かっぱの湯の手前から保野川方面に向かう橋、温泉の奥の林道を少し入ったところ、温泉の脇の橋を渡ってすぐの次の橋、とか。ちなみに、その日は林道を入ったところでイノシシにも遭遇しました。
by toto4543 | 2018-06-22 12:49 | アウトドア | Comments(5)